ソーシャルディスタンスカメラ ヘッダ

ソーシャルディスタンスカメラ™
AIだから3密を防げる!ユーザーはタイムリーに混雑を把握

サービス概要ソーシャルディスタンスカメラ™とは

AIの3D空間認識技術により、小売店や公共施設等において、施設内外の人数と人と人の距離を認識し混雑レベルを判定することができます。そして消費者がスマホ等からプライバシー保護された画像で確認できるというものです。

         

特徴1AIがリアルタイムに混雑状況を判断します

ウイルスの感染を防ぐには、3密を避けなければなりません。

お店や公共施設などにソーシャルディスタンスカメラ™が設置されていれば、AIがリアルタイムに解析して自動発信するので、お客さまは事前に混み具合などの状況を確認できます。

         

特徴2AIがプライバシーを保護します

人物はホネホネとして表示されます。プライバシーが保護されるので、映像や画像から個人を特定することができません。

ホームページやスマホ、街頭のディスプレイなどサイネージでも扱えるようになります。

         

特徴3AIが密集を分析、予測します

AIで映っている人の位置と動き、人と人との距離を認識しデータを蓄積しますので、人が密になっている位置と時間を分析し予測することができます。

         

特徴4AIが密集混雑状態を検知してアラートします

一定の密集状態を検知した場合、施設責任者の端末などにアラートを出すことができます。

またその際店頭のサイネージや、ホームページなどに即時に入場制限表示などを出せます。

         

特徴5過去の混雑実績や天気予報データに基づき予測を表示します

過去の来場者数を統計的に分析し、時間帯や曜日ごとの混雑予測を表示させることができます。また天気予報データ(オプション)に基づく予測も可能です。

お店は、お客さまに分散来店のお願いができます。
また、お客さまはお買い物のスケジューリングに活用できます。

         

構成施設の構造や規模に応じてインテグレーションできます

ソーシャルディスタンスカメラ構成1(提供IPカメラ使用バージョン)

ソーシャルディスタンスカメラ構成2(専用カメラバージョン 7月中旬~)

           

用途さまざまな業種、施設に活用することができます

ソーシャルディスタンスカメラ™

ソーシャルディスタンスカメラ™概要

  • 〇名称:「ソーシャルディスタンスカメラ™」  ※商標登録出願中 (英語表記:social distancing)
  • 〇構成:市販カメラを活用するオンプレミス(ローカルサーバー)タイプと、専用カメラを活用したクラウドタイプの2種類。共に、AIクラウドに接続する。
  • 〇企画・開発・販売:アースアイズ 販売:日商エレクトロニクス
どんなときも見守る優れたガードマン