採用にあたって

採用

事件が起こる前に……アースアイズが未然に防ぎます!

たとえば、従来の防犯システムは、事故や事件が起こってから警備会社に連絡される仕組みになっています。すでに、事は起きたあと。空き巣なら、すでに犯人は立ち去り、事件は「過去の事実」として残されています。そして、防犯カメラは現場にあってもただ「見ている」だけの存在。事件や事故の「証拠」「記録」として使えるにすぎません。 けれど、アースアイズの技術は違います。アースアイズは、世界初の五感を持つ人工知能搭載ロボット型カメラ。見知らぬ人やあやしい動き(顔認識システム、3次元センサー)、聞こえるはずのない人の話し声やガラスの割れる音(音源識別センサー)、ガソリンやガス漏れの臭い(臭覚センサー)などの異常を、まず五感でキャッチ。それだけでは終わりません。次に、人口知能(AI)が、危険を回避するために「今、何をすべきか?」「今できる最善の方法」を自ら考え、答えを導き出し、実際に動きます。つまり、現場でただ見ているだけではなく、実際に手となり足となって行動を起こし、事件や事故を食い止めるのです。

 

「真の安全」のために、やるべきことはたくさんあります。

私たちはこのアースアイズをもっともっと広げていきたい、と考えています。なぜなら、このシステムは、まだまだ汎用性があるからです。 たとえば、2020年に開催される東京オリンピックでのテロ対策として、アースアイズは強力な助っ人となるでしょう。 また、介護の分野でいえば、老人ホームや介護施設などで、人の目だけでは見守りきれないところまで、細やかにしっかりとサポートすることもできます。ほかには、子どもが家で留守番をする際、危険から身を守り、サポートしていく。 それ以外にも、人々の暮らしをしっかりと見守るために、アースアイズの技術が活躍できる場は無限に広がっていくはずです。

 

世界初の技術とともに……これからの私たちに必要なもの。

最先端のテクノロジーを駆使してつくられた、世界水準の技術・アースアイズ。 その潜在的なニーズを、我々はまだ気づいていないところがあります。これからは、そんなアースアイズの未来の可能性をもっと引き出していきたい、と考えています。 そのために今、私たちに必要なのは、アイディアと知恵を出してくれる「知力」。そして、それを実現に持って行くための「行動力」「機動力」です。一言で表わすならば、「戦力」を私たちは求めています。 「こんなニーズもあったのか?」と目から鱗が落ちるような、「こんな使い道があったなんて……!」と感心させられるような、そんな意見をバンバン出してくれるような、そして、そのアイディアを机上の空論に終わらせず、どんどんと現実に導いてくれるような、そんな人を望んでいます。 日本に、そして世界に……アースアイズをもっともっと広げていきたい。そして、ひとりでも多くの方に知ってもらい、「真の安全」と快適で安らぎのある生活を手に入れてもらいたい。それらの希望をともにかなえてくれる人を待ち望んでいます。

DATA
2016/10/17
INDEX